アクトハウスのスタッフブログ

セブ島のIT留学「アクトハウス」スタッフのブログです

アクトハウス ビジネス 新村 日本事務局

ゴルフとビジネスの意外な共通点。

投稿日:2017年4月20日 更新日:

お世話になっております。

新年度を迎えたクライアントから「ライターとして記事を書いて欲しい」というオファーが絶えないので、ライターへの職種転換を本気で考えそうになるアクトハウス日本事務局の新村です。

さて今日もアクトハウスのお話でなく(笑)、経営に絡むチップスを。

えっと、日本が生み出した大ヒットゲーム「ドラゴンクエスト(ドラクエ)」では、とある神殿に行って転職するんでしたよね、ということはあの世界では神殿=転職エージェント会社なのかな(違う)・・・。なんて思ってたら事務局のデスクにこんな本がありました。なんとタイムリー。

さて、今日は、筆者がここ数年ハマっている趣味「ゴルフ」について取り上げようかと思います。

もともとは、周囲に「ゴルフなんか絶対にやらない」と公言していましたし、興味すら持っていませんでした。

しかし、前職のときの上司(社長)から「この日に誰それとラウンドに行け」と半ば業務命令を出され、当時の副社長からはご丁寧にゴルフクラブのフルセットが自宅に送られてきて、「もはや堀はすべて埋まった、ついにこの時が来たか・・・」と思いながら始めたのでした。アクトハウスの業務で飛行機に乗りまわる現在を考えたら、すごい遠い昔の気もする…

それなのに、以前の記事で、↓↓↓


「アクトハウスがあるセブ島のゴルフクラブでプレーするのが夢」なんてうっかり発言するくらい、趣味として定着してしまいました。(セブ島のゴルフクラブ、わりと名門らしいんです。気になる気になる・・・。)

先述したとおり、どちらかと言うといやいやながら始めたゴルフ。その、初めてのラウンドの日は、天気は朝から曇りがちで寒く、ゴルフ場には遅刻寸前で入るという、どうしようもないコンディションだったんですが、ラウンド初回にして見事「なにこれ・・・。楽しい・・・。」という感想に至りました。

昼にはこんな「大人の楽しみ」を嗜むことができますしね。(重要な要素)

デビューラウンドのスコアが筆者の身長(181cm)と同じ数値を叩き出したくらいスコアはひどかったし、持っていったボールは1ダースなくなるし、途中で小雨は降るし。

でも、シンプルに、楽しかったんですよね。スコアの悪さは当時の取引先で大爆笑ネタとして大いに活用しました。「よく数えたね」なんて褒めてもらっていました。ポジティブ笑。

それからというもの、古くからの友人がゴルフ好きなのを思い出して連絡をとり、以降は毎月1回はラウンドしています。

ゴルフにハマった理由。それはズバリ、「経営に似ている」って思ったからです。アクトハウスの講座でこういったお話はしていませんが、せっかくのブログなのでちょこっと。

こちら、あるゴルフ場の「名物ホール」です。フェアウェイまでものすごい高低差があります。左右が森でどちらに打ち込んでもOBになってしまう、「狙いどころが狭い」ところ。写真中央、フェアウェイに生えている木を狙って打つわけですが・・・。

フェアウェイの木に当てちゃうぞ!と無謀なことを言っている筆者。友人同士での気楽なラウンドだとそんな冗談の飛ばし合いも楽しいものです。冗談よりボールが飛んでほしい・・・。

ナイショーッ!の瞬間。(に見えますよね?でもこの時は残念ながら球は大きく逸れていってしまい「OB」でした笑 ボールはもちろんなくなるし、まったくもう・・・。)

普段からどんなに練習していても、実際にラウンドに出て「このホールで、この状況で、どうすべきか」というところまでは練習ができません。その場その場でしっかりと対応していくためには、とにかく現場に出る回数を増やし、「実践力」をつけていく必要があるのです。

経営をしていると、いいことばかりではありません。そんなことある!?という状況がいっぱい出てきます。

もちろんそれはアクトハウスの運営も同様。フィリピン、しかもセブ島という地で業務を遂行していくわけですから、予測不可能な事態にも対応していかなければならないわけです。

今でこそ、アクトハウスのスタッフは一丸となり、フィリピン・セブ島の空気感といいますか、何がどうなるかも読みながら仕事を進行できるわけなんですが、立ち上げ当初はそりゃもう大変でした。

ゴルフも同じです。ある日、ボールが2個並んでバンカーに鎮座していたり。(そんなことある!?と一緒にラウンドしていた友人とひとしきり笑いました)

経営においてもゴルフにおいても、「自分で状況をコントロールできないこと」「辛いこと」「我慢しなければならないこと」そんなシーンがたくさん出てきます。良いときより、悪いときのほうが多いかもしれない。

でも、どんなに困難な状況においてもそのときにできるベストを尽くし、少しずつでも前に進んでいかなければならない。アクトハウスという海外事業はまさにそれ、です。

そして、結果(ゴルフであればスコア)を少しでも良くしていかなければならない。

積極的に現場に出て様々な状況下で物事にチャレンジし、実践力をつけていく。そんなことをずっと考えながらプレーするのがとても奥深く、経営とゴルフって似ているな、と感じ、見事にゴルフにハマったというわけです。

当面の目標は「スコア100切り」です。まだまだ先になりそうですが・・・。

ITやビジネスの実践力はアクトハウスで身につけてください。ぜひお願いします笑

このエントリーをはてなブックマークに追加

-アクトハウス, ビジネス, 新村, 日本事務局

執筆者:

関連記事

「アクトハウス卒業生ミートアップ in 大阪」行ってきたよ。

お世話になっております。 粉モン大好き、日本事務局の新村です。 たまらん・・・。 唐突に、アクトハウスの特徴の一つをご紹介 突然ですが(笑)、アクトハウスの特徴の一つをご紹介しましょう。 ※スカイプ( …

セブ島の「吉野家」行ってみた。

吉野家、実は続々セブ島に上陸してるんです。 さっそくアクトハウスのスタッフで食べに行ってみました。 セブ島の吉野家きたよ#留学 #評判 #海外の日本食 pic.twitter.com/cTkkh0oW …

アクトハウスのプログラミング講座(IT留学ってどな感じ?的なやつ)

アクトハウスでは、プログラミングも英語もビジネスも、少人数に分かれたクラスで学びます。 アクトハウスのプログラミング講座は、細かい技術指導があるので、講座は全て日本語なので安心です。 ちょうどいま、プ …

アクトハウス卒業生が「クラウドファンディング」挑戦中!!!

IT留学「アクトハウス」の卒業生たちは、自分のやりたいことを叶えるために、日々アクションし続けています。 もちろん自分でお金を稼ぎつつ、夢を実現していっているのですが、ひとつの方法として、いま評判の「 …

アクトハウス新入生(6ヶ月コース)1ヶ月たって着々と成長中!

今日も快晴のセブ島。 アクトハウス新入生(6ヶ月コース)がセブ島に来て、早くも1ヶ月が経ちました。 セブ島の空ひろい pic.twitter.com/aeXUgdyMjn — アクトハウス …

IT留学のアクトハウスへ


友だち追加